妊娠中から骨盤ベルトを締め、ゆがみのない骨盤に! | 産後ダイエットに成功する方法~16キロ痩せました~

産後ダイエット 成功

産後ダイエットに成功する方法~16キロ痩せました~

妊娠中から骨盤ベルトを締め、ゆがみのない骨盤に!

読了までの目安時間:約 4分

 

妊婦さん

骨盤ベルトと聞くと、出産後だけのものと思いがちですが、

実はそうではないんです。

 

妊娠中も骨盤ベルトを締めることをぜひおすすめします!!

 

なぜ妊娠中に骨盤ベルトをした方が良いのかまとめてみました。

 


スポンサードリンク

腰痛予防のため

妊娠すると、からだは赤ちゃんが産まれてくるための準備をし始めます。

赤ちゃんが産道を通って出てこれるようにするため、

リラキシン」というホルモンが分泌され、

このホルモンにより、骨盤や靭帯周りの筋肉が緩んでくるんです。

 

さらに、赤ちゃんはどんどん成長し、お腹も重くなってきます。

その重さを緩んだ骨盤が支えるため、腰痛が起こりやすくなってくるのです!

 

そんな腰痛を少しでも予防するため、

骨盤ベルトで骨盤を締めて固定してあげておくと、腰痛になりにくいことが分かっています。

 

産後のからだの回復を早めるため

妊娠中にしっかり骨盤ベルトを締めておき、

ゆがみのない骨盤を保っておくことで、

産後のからだの不調も最低限で抑えられ、スムーズに回復することができるんです!

 

もちろん、産後ダイエットで痩せるスピードも早くなりますよ(*^_^*)

からだの回復が早いということは、

それだけ元のからだに戻ろうとしているということなので、

結果的に妊娠前の体重に戻ることができるんです。

 

安産で赤ちゃんを産むため

赤ちゃんを出産するときには、

骨盤は最大限まで開き、産道を通って出てきますよね。

 

その時骨盤がゆがんでいたりすると、

産道がうまく開かず、赤ちゃんが出にくく、難産になってしまう可能性があります。

通り道が歪んでいると赤ちゃんも困ってしまいますよね^^;

 

なので、安産でできるだけ楽に出産するために、

妊娠中から骨盤ベルトを締めておくことはとても大事なのです!

 

早産予防のため

子宮頸管が短かったり、早産の傾向にある方は、

すぐに骨盤ベルトを締めてください!

 

子宮頸管が短い原因にはいろいろありますが、

赤ちゃんがお母さんの骨盤で支えきれず、下に下がり過ぎてしまい、

その結果子宮頸管が短くなり早産になる可能性が高くなってしまいます。

 

そこで骨盤ベルトをしめることにより、

赤ちゃんが必要以上に下に下がってくることを予防することができ、

その結果、早産を防ぐこともできるんです!

 

私も少し子宮頸管が短めだったので、

妊娠中からかかさず骨盤ベルトを巻いていました!

 

このように、妊娠中に骨盤ベルトを巻く理由はいろいろありますが、

巻いていて損はありません!

 

産後ダイエットの際にも活用してくれるので、

早めに購入し、妊娠中からつけるようにしておきましょう!

 

 

 

☆おすすめ記事
ベルタ酵素で16キロの産後ダイエットに成功!体験談はこちら>>

 

 

 

 




⇒【-16キロ達成!】酵素ドリンクで産後ダイエットを成功させた方法ととっておきの秘訣を大公開中


産後ダイエット


☆人気記事☆
・ベルタ酵素で16キロ産後ダイエットに成功しました!
・母乳不足にはこのハーブティー
・産後の骨盤ベルトはこれがおすすめ


にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ
にほんブログ村


スポンサードリンク

 

タグ : 

妊娠中の過ごし方   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る