授乳中の喫煙っていいの? | 産後ダイエットに成功する方法~16キロ痩せました~

産後ダイエット 成功

産後ダイエットに成功する方法~16キロ痩せました~

授乳中の喫煙っていいの?

授乳中喫煙

妊娠前は元々ヘビースモーカーだった人でも、

妊娠をきっかけにタバコを吸うのを辞める女性がほとんどですよね。

 

妊娠中は赤ちゃんと一心同体なので、

喫煙することでなんだか赤ちゃんにも害がありそうな気がして辞めれる人も多いですが、

出産後は赤ちゃんに直接影響は出ないと思い、また喫煙を再開してしまう人も多いです。

 

あまり問題視されていないですが、授乳中の喫煙って本当に良いのでしょうか?

 
 

スポンサードリンク


 

ニコチンは母乳から移行してしまう!

出産後はほとんどのお母さんが授乳を開始すると思いますが、

実はタバコを吸った時に体内に入れてしまうニコチンは、

母乳から移行して赤ちゃんに与えてしまうのです!

 

赤ちゃんがニコチン入りの母乳を飲むと想像してみてください。

体に悪いと思いませんか・・・?

 

ニコチンが体内に入ると、不眠症や、心臓や肺などの循環器障害、

またひどい場合は乳幼児突然死症候群を引き起こしてしまう原因となってしまうんです!

 

これではせっかく無事に生まれてきてくれたとしても、

その後健康に育ってくれる可能性が低くなってしまいます。。

 

ですので、どうしてもタバコが吸いたいのであれば、

断乳し、ミルクに切り替えてから喫煙するようにしてください!

 

ただし、赤ちゃんにとってものすごく大事な母乳をあげるのを辞めるのと、

タバコを吸うのとどちらを取るべきかと考えると・・・答えは出てきそうですよね。

 

どうしても吸いたい人は赤ちゃんのいないところで

と、頭では分かってはいても、喫煙の欲求というのは依存性がありとても強い物なので、

やめたいけどやめられない、という人もいるかもしれません。

 

そういった人は、タバコを吸ったあと2時間以上開けてから喫煙するとか、

もうきっぱり母乳をやめミルクに切り替えると良いでしょう。

 

そして、喫煙する時は必ず赤ちゃんが生活しない部屋か、外で吸うようにしてください。

 

タバコには副流煙を吸ってしまう「受動喫煙」も問題になっていて、

お母さんが吸ったタバコの煙を赤ちゃんが吸ってしまうと、

先ほどと同じように赤ちゃんに影響が出てしまう可能性があります。

 

赤ちゃんの目の前で吸うことなど絶対に無いようにしてくださいね!
 

喫煙は百害あって一利無しです。
子供を無事に成人まで育て上げるためにもお母さんは長生きしなければなりません!
妊娠、出産を機にぜひ禁煙することをおすすめします。

 
 
酵素ドリンクで16キロの産後ダイエットに成功!体験談はこちら>>




⇒【-16キロ達成!】酵素ドリンクで産後ダイエットを成功させた方法ととっておきの秘訣を大公開中


産後ダイエット


☆人気記事☆
・ベルタ酵素で16キロ産後ダイエットに成功しました!
・母乳不足にはこのハーブティー
・産後の骨盤ベルトはこれがおすすめ


にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ
にほんブログ村


スポンサードリンク

 

TOPへ戻る